解決ブログ

 悩みゼロの世界へ。

仕事

【iPhoneメモアプリ】爆速でアイデアがメモれる!おすすめアプリ【Captio】

投稿日:

思いついたアイデアをすぐメモれるアプリ「Captio」が凄くいい。

Captio - ワンタッチで自分にお知らせメールを送ろう

紙と鉛筆でメモとるのも良いけど、歩いてる途中、通勤途中、ベッドの中など、アイデアを思いつく瞬間は場所を選ばない。

いつも紙と鉛筆があるわけではないし、取り出す手間を考えると、今やスマホでパパっとメモとる方が実用的

で、スマホのメモアプリを探していたところ、偶然Captioを見つけた。

Captioで何が出来るのかというと、「メモしたテキストを予め指定しておいたメールアドレスに送る」。ただそれだけ。それ以外できない。

 

一見、物足りないように感じるかもしれないが、かなり良い

 

素早くメモをとれるアプリを探している人には大変おすすめなのでご紹介。

具体的なCaptioのメリット・デメリットは以下の通り。

Captioのメリット

起動が早い

爆速といって過言ではない。

アプリ起動→テキスト打ち込み可能状態になるのに遅延がほぼない。

シンプルすぎるほどシンプル

Captioで出来ることはテキスト打ち込んで、指定したメールアドレスに送るだけ。超シンプル

 

フォルダは作れない。

下書き保存もできない。

思いついたアイデアを打ち込んで送信しないと、次のメモは取れない。

 

アプリを起ち上げて、フォルダもファイルも選ぶ必要がないが故に、思いついたアイデアを忘れてしまう"スキ"が出来ない

Captioのデメリット

メールフォルダが汚れる

Captioでアイデアメモを自分のメールアドレスに送りまくると、メールフォルダが汚れる

ただ、これはCaptioアプリから送られてくるメールを指定のメールフォルダに自動的に振り分けるように設定しておけば問題ない

あとでそのフォルダを確認すれば、アイデアメモ一覧を確認できる。

GmailであれOutlookであれ、大抵のメールアプリであれば、メール自動振り分けフォルダは作れる。

UIが最新iPhoneに対応してない

captioの画面

CaptioのUI画面

上画像を見てわかる通り、UIが最新iPhoneに対応してない。

普通に使えるが、上下の黒いスペースが気になる人もいるかもしれない。

どうしても最新iPhoneの画面に対応した爆速メモアプリが欲しいのであれば、ノート(Noto)を使うと良い。

Noto 2 - Email yourself. Fast.

 

notoproアプリの画面_01

NotoのUI画面 その1

ノートはCaptioの代替アプリの1つ。

Captioより出来ることが少し多い。

 

notoproアプリの画面_02

NotoのUI画面 その2

下書き保存出来るし、送信先メールアドレスも複数選択できる。UI画面も最新iPhoneに対応している。

ただ、ノートはアプリ起動→テキスト入力可能状態までに若干のタイムラグがある

0.5〜1秒ぐらい?

ほぼ気にならない程度だし、起動しっぱなしにしておけばアプリ起動の遅延問題は気にしなくていい。

が、出来ることが多くなると、どうしても余計な思考のノイズが脳内に入り込んできてしまう。

また、下書き保存できてしまうと、ノートに保存してあるのか、メールアドレスに送ったのかわからなくなる恐れがある。

なので、個人的にはCaptioの方がおすすめ

おわりに

Captioを使い始めて、アイデアを脳内にストックしておく必要がなくなったので快適。

付箋にメモして机が汚れることも少なくなった

脳内の思考を外部保存できるので、頭の中に漠然とあったモンヤリ感が消え、クリアに物事を考えられるようになった気がする。

アイデアメモだけでなく…

  • TODOメモ
  • 買い物リストメモ
  • 本を読みながらの読書メモ
  • インタビュー時の質問メモ

などのメモにも最適。

Captio - ワンタッチで自分にお知らせメールを送ろう

管理人

CaptioもNotoも、フル機能版は有料になります。240円程度だったかな?

缶ジュース2杯分ぐらいの価格です。生産性上げるなら買っておいて損はないかなと思います。

とりあえず試す程度なら、有料版買わなくても無料版で試せますよ。

-仕事

Copyright© 解決ブログ , 2019 All Rights Reserved.